FC2ブログ

プロフィール

キスイヤマスター

Author:キスイヤマスター
将来の夢は・・・
「マスター」と呼ばれる事。。
尊敬する人・・・
「花村萬月」
好きな俳優・・・
「ショーンペン」
尊敬する女優・・・
「ニコールキッドマン」
信じてる人・・・
「滝川クリステル」
気になる人・・・
「真木ようこ」
苦手な人・・・
「女子高生」
苦手なやつ・・・
「俺に言わせれば」とほざくやつ。
苦手な事・・・
「異性との友達関係」
人生のテーマ
「山本五十六 男の修行」
人生において必要だと思う事
「距離感」と「セサミン」

最近の記事

リンク

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

過去ログ

RSSフィード

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし

| TOP |


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛込医院。。。



いつもなら難なく降りることのできる階段がその日はとてもじゃないが苦痛でならなかった。
悟られないように辺りを見渡すようにしてゆっくりと下る理由をつけてはみたものの
20年ほどだろうか、この病を背負い生きてきた。
あきらかに今回のそれは今までのものとは比べ物にならない。苦痛で顔が歪む。
ついにこの時が来たかと・・・それでもやはり生きたいと言う本能か・・・
俺は診察を決意した。
薄暗い院内とは裏腹に、待合の患者たちはそれぞれが顔見知りであるかのように
語り合い、余計な御世話をやきあい、自分より不幸な病の人間探しに明け暮れている。
座っていることも苦痛な俺は読む気など毛頭ない週刊誌を手に取り
適当にそれに書かれた活字に目をやり周囲との遮断を試みる。
驚くほどピンクのナース服が不釣り合いな中年女性が
笑顔でまだ誰だかもわからない俺の名前を呼んだ。
適当に読んでいた週刊誌を適当に元の位置に戻して言われるがままに横たわった。

よく見ると浅黒く色調としてはピンクとの相性は良いのだが
終始笑顔で何より声の大きい所が俺にとって迷惑な看護師が答える気力もない俺に
あれこれと質問しては、カルテに書き込む。
しばらくすると老人の医師が俺の横に立ちはだかり無言のまま俺を観察し
ピンクの看護師に何やら指示を出している。
俺が本気で、おそらく自分の意志で答えたことと言えば苦痛に耐えがたい痛みだという事。
日常であろう老人医師と看護師は馴れた感じで準備を整えた。
20年もの間耐えてきた俺にとってはそこは冷たい病室。
まるでどこかのアドベンチャーホラーの一室であるかのような気分に見舞われる。
全体の薄暗さを一瞬にして複数のライトが照り、見上げると老人医師の
眼鏡の奥の大きな目が浮き彫りになり余計にホラーの要素が増す。
なんだか俺はここで終わるような感覚に陥ることで、全てをあきらめて
この建物の外でなら俺がこの老人に例えば席を譲ったり例えば信号で手を貸したり
例えばATMで使い方を教えたり・・・ときっとそうに違いないなどという空想を抱きながら
それでも今はこの老人に全てを任せることしか出来ない自分を薄れていく意識の中で
しっかりと苦笑しながら俺は麻酔を打たれている。

どれくらいしてからだろうか
金属のカチャカチャという音だけを聞いてはそれがまさしく俺に何かを施している事を
唯一確認できる状況で時間が過ぎて行った・・・


その時
眼鏡の老人が声を発した。。。


「いやあ、これは相当膿が出たよ。痛かったでしょ。」


ああ、痛かったとも。。。

今日やっと俺は。。。

長年我慢してきた 痔の手術を受けた。。。


いやぁ、辛かったぁ。。。

たとえどんなに辛くとも

キスイヤは一年中皆様をお待ちしております。。。
スポンサーサイト
[PR]

野望。。。


カランコロンカランコロン・・・

今時珍しい鈴のついたいかにも安っぽい扉が開く。。

「いらっしゃいませっ」
ウエイトレスのあみはいつものように満面の笑顔で客を迎え入れる。
「・・・・・・・・」
あみの笑顔を気づく様子もなく、いや故意に避けるようにカウンターへと座る女。
「お客様、あちらの窓際席も空いてますが・・・」
「ここに座りたいんだけどいいかしら?」
あみの言葉にそう答えた女はあみに先ほどとは打って変わって満面の笑みを返す。
「あっ、もちろん結構です。」
その端正な顔立ちに同性ながら言葉を失うあみ。
細く通った鼻筋、頬から顎にかけてのシャープなラインに
なぜだかそれ以上の言葉をかけられないあみ。女の眼は笑ってはいるが
あみを遠ざけよるようにも見える。
その美しさに威圧を感じ、動けないままでいるあみ。

「マスターいるかしら?」
「・・・・・」
「聞こえる?マスターはいるの?」
「はい、すいません。もう帰るころだと思います。」
「そう・・・」
そう言って俯いた女の横顔を、注文を取ることすら忘れ、まだ視線を外せないでいるあみ。
女が煙草に火をつけたことにかろうじて灰皿を出す・・・

カランコロンカランコロン
「お帰りなさい、マスター。」
マスターの帰りに安堵をおぼえようやくと我に帰るあみ。
カウンターに視線をやりお客さんがあることを伝える。
「ああ・・・」
とだけ言って、その女に目もくれずそのままカウンターの中へ入るマスター。
女も俯いたまま灰皿に消された長めのタバコをただ見つめている。

何も言わずカウンターの女へとカフェオレを差し出すマスター。
その光景を不思議そうに、メニューを胸元で両手で抱え見ているだけのあみ・・・
「ありがとう。覚えているのね。」
そういうと正面のマスターへさっきあみに投げかけたのと同類の微笑みを向ける女。
それには答えようとしないマスター。

「あみ。買い出しに行ってくれ。」
少しの沈黙を破ったのはマスターの一言だった。
「でも今日は何にも買物は・・・」と言いかけたが
「行ってきなさい。あみ。」
そのいつもと違う強引な言い回しに納得のいかないあみは
レジを乱暴に閉め店の外へと出ていく。

しばらくすると女が切り出した。
「ごめんね。突然に・・・変わってないね。ここらへんも貴方も・・・」
「いいか、それを飲んだら帰るんだ。」
女の言葉を遮るかのようにマスターはおもむろに言葉を吐き出した。
もう一本の煙草に火をつけさほども吸わないうちにそれをもみ消すと
「ごめんね。」
とだけ呟いて女は出て行った。
マスターも煙草をつける・・・

一度だけ煙を吐き出すと・・・
「いつまでそこに突っ立ってるつもりだ。入りなさいあみ。」とだけ言って煙草を消した。
カランコロンカランコロン
「ごめんなさい。別に立ち聞きするつもりじゃ・・・」
「もういい。」
そういうと今度はマスターがあみへと笑顔を見せた。
当たり前だがさっきの女の笑顔とは全く異なりそれはあみを安心させた。
「買物は・・・」
「ああ、そうだな。すまん。俺が勘違いをしていたようだ。」




次回に・・・続きません・・・

マスターとなる野望が妄想に変わってきつつあります。

なので

キスイヤは皆様の妄想をお手伝い致します。。。



贈るほどでも無い。。。

巷ではすっかりマスターなどという存在は忘れ去られ・・・
というか最初から覚えちゃいないという話もあり・・・
この一ヶ月ですっかり老けこんだ・・・

ついにっ!携帯メールの文字を最大の表示にしたっ!

マスターです。。。

ええ、見えないんです。目が霞むんです。

見えたり・・・見えなかったり・・・ラジバンダリ・・・

使ってみたけど面白くないし、イライラする。

マスターここ半年、何故だろう イライラするぅ。

反抗期か? 違うかぁ~

これもなんかヤダな。

お前なんか指名してないとか言わないのぉ~

・・・・・・

・・・・・・ハァ



お前がもしもこの先

繁華街を歩く年になって きっと一人でプラプラするだろう。

そしてすっかり大人なお前はそんな時

ちょっぴりスッキリしたい気分に見舞われる事だろう

そんな時プラっと入った無料で色々スッキリ出来る場所を紹介してくれるとこへ

入ってしまうかも知れない。

でもな・・・

気をつけるんだ・・・

それが・・・

それが・・・

無料案内所だ・・・



やっぱそうなっちゃいます?

キスイヤはお客様満足度を徹底追及いたします。。。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。